武井製作所 高圧ガス用安全弁のエキスパートメーカー TAKEI COMPANY LTD.

English Page
  powerd by Google    
株式会社 武井製作所作所 トップページ >安全への取組み

安全への取組み

安全への取組み

安全への取組み

安全弁は、コンビナートをはじめとした様々な高圧ガスの製造事業所において、圧力容器や配管などの高圧ガスの製造設備に附属して設置されており、系内のガスが異常昇圧した際に、ガスを安全に放出し爆発を未然に防止するという重要な役割を担っている製品です。

弊社は、この様な重要かつ高品質の要求される製品を常にお客様に安心してご利用いただくために、受注からアフターサービスまでの全てのプロセスに厳重な検証を課し、不適合製品の出荷防止に努めております。

今後もこの様な重要な機器の製造業者としての責任を自覚し、常に安全でお客様にご満足いただける製品をご提供させていただく所存でございます。 なお一層のご理解とご愛顧をいただけますよう何卒よろしくお願い申し上げます。

メンテナンスについて

安全弁は、設置後も定期的に分解・点検を行い、常に清浄な状態を保って下さい。
特に、汚れのひどい設備に安全弁を設置してある場合など、安全弁の内部に油類やゴミが付着し、正常に作動しなくなる可能性があります。
分解・点検の周期は安全弁の設置されている環境状況(使用流体、汚れ等)や法規等の要求に基づきお客様でお決め下さい。
なお、メンテナンス(分解・点検・修理・調整等)は、安全弁についてその構造や機能を熟知されている方が行って下さい。
また、部品のご要求や点検等のご依頼は、弊社までお問い合せ下さい。

安全弁設置時のご注意点

安全弁の取付けに際しては、次の点にご注意下さい。

  • 安全弁は、鉛直に取付けて下さい。
  • 配管内のゴミ(金属粉の様な微細な物を含む)は、極力なくして下さい。安全弁作動時に弁座面に噛み込み弁座漏れをひきおこします。
  • 二次側(放出側)に配管を施工する際は、配管内径を必す入口側の内径以上のものとして下さい。又、無理な力は、加えないで下さい。
  • 安全弁入口までの圧力損失は、極力少なくして下さい。(設定圧力の3パーセント以下を目標として下さい。)
  • 安全弁は、できる限り安全弁が保護しようとする容器等の近くに設置して下さい。
  • スパナ等は、所定の位置以外には絶対にお掛けにならないで下さい。ねじ込み型においては、本体の六角部(もしくは平取り部)以外にお掛けにならないで下さい。他の部分にスパナ等を掛けて、ねじを緩ませますと安全弁の吹始め圧力が変化する可能性があります。

保証について

弊社は、常に安全で高性能の製品をお客様に提供させていただいておりますが、万一故障等が発生致しました際は、下記に基づき迅速かつ丁重に対応させていただきます。

 

−  記 −

 

1.保証期間

保証期間は、製品設置後12 ヶ月間とさせていただきます。 但し、納入後18 ヶ月間を限度とさせていただきます。

 

2.保証範囲

前項の保証期間内に弊社の責任に基づく故障が生じた場合、無償にて修理するか、もしくは代品を納入させていただきます。 但し、次の各項目につきましては、保証の範囲外とさせていただきます。

 

① 配管を含めた設備内のゴミ等に起因する弁座漏れや故障等。

② お客様が当該製品の設計仕様範囲を逸脱した使用をされた場合の故障等。

③ 地震、火災、水害等の天災地変による故障等。

④ お客様により分解・修理・改造が行われた場合の故障等。

⑤ 製品に添付されている取扱説明書を逸脱するような不適当な取扱い、取付け、ご使用による故障等。

⑥ あらかじめ受注時に申し入れしてある部品の消耗、腐食劣化等に起因する故障等。

⑦ その他、弊社の責任と認められない原因による故障等。

このページの上へ

© Copyright TAKEI COMPANY LTD. All rights reserved.