武井製作所 高圧ガス用安全弁のエキスパートメーカー TAKEI COMPANY LTD.

English Page
  powerd by Google    
株式会社 武井製作所作所 トップページ > 認定範囲

認定範囲

認定範囲

経済産業大臣認定仕様範囲

認定事業所名 株式会社武井製作所 横浜工場
所 在 地 神奈川県横浜市緑区上山1丁目16番2号
【認 定 仕 様 範 囲】
認定番号 MAB-159-N-2 機器の種類 弁 類
名 称
(型 式)
材 料 設 計 温 度 設計圧力
(MPa)
口径 その他
区分 グループ 材料例示 最高(℃) 最低(℃)
安 全 弁 ステンレス鋼 G1 SCS13
SCS14等
400 -196 58.9 以下 20A 以下 溶接構造
 を除く。
29.5 以下 40A 以下
9.9 以下 80A 以下
G4 SUS304
SUS316
SUS304L
SUS316L等
800 -269 58.9 以下 20A 以下
29.5 以下 40A 以下
9.9 以下 80A 以下
G6 SUS309
SUS310等
800 -196 58.9 以下 20A 以下
29.5 以下 40A 以下
9.9 以下 80A 以下
銅及び銅合金 G1 C3604
CAC406等
225 -196 3.6 以下 80A 以下
炭素鋼 G4 SC410
S25C
SCPH1他
450 - 10 29.5 以下 40A 以下
9.9 以下 80A 以下
その他
(SUS630)
  350 - 70 63.8 以下 20A 以下
その他
(SUS630
H1150)
  75 0 99.9 以下 内径
3mm 以下

韓国ガス安全公社(KGS)認定範囲

高圧ガス保安法に準じて製作する安全弁

法規等と計算式

法規及び規格 成績表 計算式 No.
高圧ガス保安法 一般高圧ガス保安規制 認定 1,2,3式
液化石油ガス保安規制
コンビナート等保安規制
冷凍保安規則 非認定 例示基準による
電気事業法 1,2式に準ずる
ガス事業法 4式
JIS B8210 蒸気用及びガス用ばね安全弁
圧力容器構造規格(第1種及び第2種)

規定(公称)吹出し量・流出量の計算

  計算式 式中の記号の説明
1

P2/P1 の値がκに対応するP2/P1 の値以下の場合の
規定(公称)吹出し量

W 規定(公称)吹出し量 [kg/ h]
C : κ( 断熱指数)に対応する値
[ー]
K 吹出し係数 弊社基準値による [ー]
P1 吹出し量決定圧力の絶対圧力 (MPa・abs)
P2 大気圧を含む背圧の絶対圧力 (MPa・abs)
A 吹出し面積(πDL) [㎠]
M ガスの分子量 [ー]
T P1におけるガスの絶対温度 [K]
Z 圧縮係数 不明の場合1とする [ー]
κ 断熱指数 [ー]
2

P2/P1 の値がκに対応するP2/P1 の値を超える場合の
規定(公称)吹出し量

3

逃し弁の流出量



(高圧ガス保安法)

W 逃し弁の流出量 [kg/h]
K 総括流出係数(0.6以下) [ー]
A 吹出し面積(πDL) [㎠]
P 配管抵抗を含めた逃し弁の
吐出部における差圧
(MPa)
G 流体の比重 [ー]
4

JIS B8210による公称吹出し量

W 公称吹出し量 [kg/h]
C' κ(断熱指数)に対応する定数 [ー]
Kd 公称降格吹出し係数 [ー]
A 吹出し面積(πDL) [㎟]
P1 公称吹出し量決定圧力の絶対圧力 (MPa・abs)
M ガスの分子量 [ー]
T P1におけるガスの絶対温度 [K]
Z 圧縮係数 不明の場合1 とする [ー]
Kb 背圧補正係数 背圧による定数
(別途の算式による)
[ー]
このページの上へ

© Copyright TAKEI COMPANY LTD. All rights reserved.